AOMEI

データ保険に入りましょう

データの損失や破損は思った以上に厳しい

データ消失

  • 60%の中小企業は、サイバー攻撃によりデータが失われてから6か月以内、ビジネスで失敗してしまいます。
  • データ管理が行われていない場合、50%の会社はデータ消失を経験した後にすぐに失敗して破産します。
  • 回答者の81%は、60分のダウンタイムでビジネスに300,000ドル以上かかることが分かります。
  • 企業の93%は、予期せぬ出来事により、データセンターが無くなってから1年以内、破産します。
  • サイバー攻撃によって、中小企業に84,000~148,000ドルほどの負担が生じています。
  • HDDのデータ復旧に7,500ドルのコストがかかるかもしれません。しかも、必ずしも全データを復元できるわけではありません。

データの消失はいつでも発生する可能性があります。巨額損失が起きてからでは遅いです。データ保護を考慮し、紛失リスクを回避したいですか?

  • 個人向け
  • 企業向け

なぜ、ホーム向けのデータ保険が必要?

日常生活のデジタル化によって、写真、動画など、多くの重要なデータや情報を記憶媒体に保存していることが珍しくないです。すべては正常に動作している時に何も心配することはないのです。

私たちのほとんどにとって、保存済みデータは普通なものではなく、大切な宝物だと思います。例えば、写真を見ると、家族や友達と一緒に過ごした日々を全部思い出すことができます。

多くの時間と労力を費やして、一部のデータを再作成できますが、再作成不可能なデータもあります。

データ喪失の原因は沢山あります。例えば、不注意による削除、システム障害、ソフトウェア障害、ウイルス感染、ハードウェア障害、自然災害などがあります。

毎日、何万人もの人々が、コンピュータでインターネット検索を行って、失ったデータを復旧する方法を探します。実は、データ復旧は簡単ではない操作です。特にSSDの場合、成功率は18%だけです。

データ復旧に数千ドルを支払うことよりも、データ損失防止ソリューションとして、データバックアップのほうが、費用対効果と信頼性が高くて操作しやすいです。

データ保険の種類

データ喪失の原因に応じて、異なるデータ保険を提供しています。様々なリスクに対する包括的な保険カバーが得られます。データ保険の種類は以下の通りです。

  • ハードウェア障害保険

    この保険は、ハードウェア障害のせいでコンピュータが動作できない時に役立つように設計されているものです。確かに、ハードウェア障害によるデータ紛失がよく発生しています。例えば、アメリカで毎週、およそ140,000台のハードディスクが物理的な故障なのでクラッシュします。また、ほこりが詰まるとコンピュータの過熱はデータ消失の原因になるかもしれません。前回のパソコンクリーニング日はいつでしたか?ハードウェア障害からデータを守るためにHDDバックアップを作成することができます。貴重なデータを失うと、速やかに復元することができます。

  • ウイルス感染保険

    この保険は、外部からパソコンへの不正アクセスによって引き起こされるデータ損失のリスクを軽減するように設計されているものです。ウイルスに感染したパソコンが部分的または完全に使用できなくなります。通常、ユーザーの技術的な知識とPCの保護のレベルが低いため、パーソナルコンピューターは、企業のシステムと比較して、感染率がより高いです。最もリスクが高いのは、見知らぬURLをクリックしたり、フィッシングメールを開いたり、感染した外部デバイスを接続したりすることです。一般に、生じるウイルスは読者様のコンピュータおよびネットワーク上の他のコンピュータ上のデータをすばやく破壊または盗みます。システムとディスクのバックアップにより、ユーザーは感染したシステム全体を感染前のバージョンに復元できるため、ウイルスを排除し、データの整合性を確保できます。

  • ヒューマンエラー保険

    この保険は、ご家族やご友人を主な対象とするユーザーが意図的にまたは突発的にデータの損失を引き起こすことを防ぐように設計されているものです。他の当事者が重要なドキュメントを誤って上書きしたり、重要なファイルを削除したりすることがよくあるので、ヒューマンエラーはデータ損失の主な原因の1つとなります。ソフトウェアまたはオペレーティングシステムに慣れていないユーザーは、パソコンの構成、ハードディスクのフォーマットを誤って実行すると、データの損失を引き起こす可能性があります。残念ながら、ヒューマンエラーには、ハードドライブの損傷、液体の流出、及びその他の事故による他の種類の物理的なデータ損失も含まれます。ヒューマンエラーによるデータ損失を防ぐために、定期的に自動バックアップソフトウェアを使用して、システムと大切なデータのバックアップを作成することをお勧めします。

  • 自然災害保険

    この保険は、コンピュータを破壊する予期せぬ災害によって引き起こされるデータの損失を防ぐように設計されているものです。災害が発生するなら、何も安全ではありません。お使いのコンピュータは、その上に何も残されずに、修復できないほど破壊されてから、データ復元を実行しても無理かもしれません。ですから、復元を簡単に実現するためにデータのオフサイトバックアップを含む3-2-1バックアップ戦略をお勧めします。オフサイトバックアップを使用すると、他のシステムでデータを復元し、何も起こらなかったように生活を再開できます。AOMEI Backupperはクラウドと外部ストレージシステムへのバックアップをサポートするので、ユーザーが災害によるデータの損失を効果的に回避できます。

  • ソフトウェア・システム障害保険

    この保険は、予期せぬデータ、ソフトウェア、および利用不可能なシステムを支援するように設計されているものです。ソフトウェアで何か不正な動作が起こるなら、データに重大な影響を与える可能性があります。クラッシュ、応答なし、以前のバージョンに復元するように要求されることはよくあるエラーです。これらのエラーは読者様の保存されていない作業に損傷を与えるだけでなく、システムが不安定になる可能性もあります。さらに、予期せぬシャットダウン、ウイルス、クラッシュ(すべてのソフトウェア関連)により、データ破損、データ紛失が発生するかもしれません。幸いなことに、これらのリスクは、AOMEI Backupperを使用してハードディスクとシステムのバックアップを作成することにより、回避できます。障害発生時に、ハードディスクとシステムのバックアップによるデータ保険をかけるなら、ソフトウェアとシステムを障害前の状態に復元することができます。

  • 停電保険

    この保険は、予期せぬ停電によるシステムの損傷やデータの損失を防ぐように設計されているものです。通常、何も備えをしていない場合は停電が発生します。これは世界中で誰も避けられない現象です。停電は損害などに繋がると全然思わないかもしれませんが、誤ったシャットダウン手順のせいで、保存されていないデータが失われたり、既存のファイルが損傷したりする可能性があります。ファイルまたはシステムを定期的にバックアップするなら、停電後に消えたファイルをすばやく復元することができます。

ケーススタディ

3年前、ブレンダンは大学に通っていました。徹夜で彼はようやく宿題を終え、ノートパソコンをシャットダウンすることなく、そのままで机に置きました。翌日目が覚めたとき、彼のPCがクラッシュしていて、恐ろしい死のブルースクリーン(BSOD)が表示されていました。ラップトップを強制的に再起動したところ、ハードドライブを認識できなくなりました。

ブレンダンはラップトップを技術修理店に持ち込み、従業員はハードドライブが損傷していてデータの回復を保証できないことを彼に知らせました。そして、修理料金は1,500ドルです。

ブレンダンは大学生として、データを回復するために1,500ドルも払えなかったので、以前の学習資料、写真、課題はすべて失われました。ブレンダンはハードドライブを交換した後、データ損失が再び発生しないようにデータを保護することを検討し始めました。

これは、ブレンダンが無料バージョンのデータ保険のAOMEI Backupper Standard版を見つけたときです!AOMEI Backupperを使用してすべてのデータをバックアップした後、ブレンダンはその使いやすさに非常に満足しました。その後、ブレンダンは自動バックアップ機能により差分バックアップ(差分のみを保存するバックアップ)を定期的に実行できるため、AOMEI Backupper Professional版を購入しました。

AOMEI Backupperのユニバーサル復元機能により、異なるハードウェアを搭載したコンピューターにバックアップイメージを復元することができます。プログラムを再インストールしたりファイルを移動したりする必要がないため、時間と労力を節約できます。ラップトップを新しいものに交換したとき、これはブレンダンにとって驚くべきことでした。ブレンダンはデータ保険に投資し、自動バックアップを毎日持っているので、データを失う心配が全然なくなりました。

なぜ、ビジネス向けのデータ保険が必要?

データ保険に入ることは会社にとってとても重要なのです。様々な深刻なトラブルが起こっていても、ビジネスを成功させることができます。

ビジネスデータが喪失する主な原因として、ヒューマンエラーが考えられます。データ保険に入らない会社は、重要なビジネスドキュメントを失った後に破産するかもしれません。すべてのデータを復旧したり、データ復旧に高いコストを負担することができる会社は多くないと思います。こういう時に、データ保険は役に立ちます。上述のトラブルを全部回避できます。

会社の機密データが全て保護されていることを知っていると、ホッとしますよね。データ損失の脅威をゼロにした後、何も心配することはないです。データ復旧に費やす時間を全て新規事業参入や事業拡大に利用することができます。そのため、データ保険に入ることは会社にとってとても重要な投資だと考えられます。

データ保険が何かできますか?

システムクラッシュとか、個人情報や調査データの損失とかに弱い企業はデータ保険に入った方がいいです。データ保険は失ったものを復元して、ビジネスを正常な状態に戻すことができます。

Gartner(世界をリードするリサーチおよびアドバイザリー企業)によりますと、ダウンタイムのコストは、1時間当たり平均30万ドル上昇しています。データ保険が、データ消失のせいで事業が進まない際にかかるコストを大幅に削減できます。

データ保険の種類

データ喪失の原因に応じて、異なるデータ保険を提供しています。様々なリスクに対する包括的な保険カバーが得られます。データ保険の種類は以下の通りです。

  • ハードウェア障害保険

    この保険は、ハードウェア障害のせいでコンピュータが動作できない時に役立つように設計されているものです。確かに、ハードウェア障害によるデータ紛失がよく発生しています。例えば、アメリカで毎週、およそ140,000台のハードディスクが物理的な故障なのでクラッシュします。また、ほこりが詰まるとコンピュータの過熱はデータ消失の原因になるかもしれません。前回のパソコンクリーニング日はいつでしたか?ハードウェア障害からデータを守るためにHDDバックアップを作成することができます。貴重なデータを失うと、速やかに復元することができます。

  • ウイルス感染保険

    この保険は、外部からパソコンへの不正アクセスによって引き起こされるデータ損失のリスクを軽減するように設計されているものです。ウイルスに感染したパソコンが部分的または完全に使用できなくなります。通常、ユーザーの技術的な知識とPCの保護のレベルが低いため、パーソナルコンピューターは、企業のシステムと比較して、感染率がより高いです。最もリスクが高いのは、見知らぬURLをクリックしたり、フィッシングメールを開いたり、感染した外部デバイスを接続したりすることです。一般に、生じるウイルスは読者様のコンピュータおよびネットワーク上の他のコンピュータ上のデータをすばやく破壊または盗みます。システムとディスクのバックアップにより、ユーザーは感染したシステム全体を感染前のバージョンに復元できるため、ウイルスを排除し、データの整合性を確保できます。

  • ヒューマンエラー保険

    この保険は、ご家族やご友人を主な対象とするユーザーが意図的にまたは突発的にデータの損失を引き起こすことを防ぐように設計されているものです。他の当事者が重要なドキュメントを誤って上書きしたり、重要なファイルを削除したりすることがよくあるので、ヒューマンエラーはデータ損失の主な原因の1つとなります。ソフトウェアまたはオペレーティングシステムに慣れていないユーザーは、パソコンの構成、ハードディスクのフォーマットを誤って実行すると、データの損失を引き起こす可能性があります。残念ながら、ヒューマンエラーには、ハードドライブの損傷、液体の流出、及びその他の事故による他の種類の物理的なデータ損失も含まれます。ヒューマンエラーによるデータ損失を防ぐために、定期的に自動バックアップソフトウェアを使用して、システムと大切なデータのバックアップを作成することをお勧めします。

  • 自然災害保険

    この保険は、コンピュータを破壊する予期せぬ災害によって引き起こされるデータの損失を防ぐように設計されているものです。災害が発生するなら、何も安全ではありません。お使いのコンピュータは、その上に何も残されずに、修復できないほど破壊されてから、データ復元を実行しても無理かもしれません。ですから、復元を簡単に実現するためにデータのオフサイトバックアップを含む3-2-1バックアップ戦略をお勧めします。オフサイトバックアップを使用すると、他のシステムでデータを復元し、何も起こらなかったように生活を再開できます。AOMEI Backupperはクラウドと外部ストレージシステムへのバックアップをサポートするので、ユーザーが災害によるデータの損失を効果的に回避できます。

  • ソフトウェア・システム障害保険

    この保険は、予期せぬデータ、ソフトウェア、および利用不可能なシステムを支援するように設計されているものです。ソフトウェアで何か不正な動作が起こるなら、データに重大な影響を与える可能性があります。クラッシュ、応答なし、以前のバージョンに復元するように要求されることはよくあるエラーです。これらのエラーは読者様の保存されていない作業に損傷を与えるだけでなく、システムが不安定になる可能性もあります。さらに、予期せぬシャットダウン、ウイルス、クラッシュ(すべてのソフトウェア関連)により、データ破損、データ紛失が発生するかもしれません。幸いなことに、これらのリスクは、AOMEI Backupperを使用してハードディスクとシステムのバックアップを作成することにより、回避できます。障害発生時に、ハードディスクとシステムのバックアップによるデータ保険をかけるなら、ソフトウェアとシステムを障害前の状態に復元することができます。

  • 停電保険

    この保険は、予期せぬ停電によるシステムの損傷やデータの損失を防ぐように設計されているものです。通常、何も備えをしていない場合は停電が発生します。これは世界中で誰も避けられない現象です。停電は損害などに繋がると全然思わないかもしれませんが、誤ったシャットダウン手順のせいで、保存されていないデータが失われたり、既存のファイルが損傷したりする可能性があります。ファイルまたはシステムを定期的にバックアップするなら、停電後に消えたファイルをすばやく復元することができます。

ケーススタディ

3年前、ブレンダンは大学に通っていました。徹夜で彼はようやく宿題を終え、ノートパソコンをシャットダウンすることなく、そのままで机に置きました。翌日目が覚めたとき、彼のPCがクラッシュしていて、恐ろしい死のブルースクリーン(BSOD)が表示されていました。ラップトップを強制的に再起動したところ、ハードドライブを認識できなくなりました。

ブレンダンはラップトップを技術修理店に持ち込み、従業員はハードドライブが損傷していてデータの回復を保証できないことを彼に知らせました。そして、修理料金は1,500ドルです。

ブレンダンは大学生として、データを回復するために1,500ドルも払えなかったので、以前の学習資料、写真、課題はすべて失われました。ブレンダンはハードドライブを交換した後、データ損失が再び発生しないようにデータを保護することを検討し始めました。

これは、ブレンダンが無料バージョンのデータ保険のAOMEI Backupper Standard版を見つけたときです!AOMEI Backupperを使用してすべてのデータをバックアップした後、ブレンダンはその使いやすさに非常に満足しました。その後、ブレンダンは自動バックアップ機能により差分バックアップ(差分のみを保存するバックアップ)を定期的に実行できるため、AOMEI Backupper Professional版を購入しました。

AOMEI Backupperのユニバーサル復元機能により、異なるハードウェアを搭載したコンピューターにバックアップイメージを復元することができます。プログラムを再インストールしたりファイルを移動したりする必要がないため、時間と労力を節約できます。ラップトップを新しいものに交換したとき、これはブレンダンにとって驚くべきことでした。ブレンダンはデータ保険に投資し、自動バックアップを毎日持っているので、データを失う心配が全然なくなりました。

他のソリューションよりも優れている

保険事故が発生したときに保険金が支払われることで損害を埋め合わせますが、失われたものは永遠に取り戻せません。このような保険と違って、AOMEIデータ保険は消えたデータを以前の状態に復元して簡単かつ迅速に取り戻すことができます。

AOMEIデータ保険VS他のデータ損失防止ソリューション
AOMEIのデータ保険 通常のデータ保険 データ復旧 手動バックアップ
ダウンタイム 短い 長い 長い 短い
データの可用性 高い 低い 不明 高い
柔軟性 高い 低い 高い 低い
信頼性 高い 高い 普通 低い
複雑性 低い 高い 低い 高い
製品・サービスのコスト 5,480円無期限使用 毎年1200ドル 1時間200ドル /

AOMEI Backupperを試す  —  データ保険に入りましょう

無料ダウンロード
もっと高度な機能