SSDクローンソフトを使ってクローンSSDを作成する方法

投稿者 @yuki

2021年5月8日

ますます多くの人は現在使用しているHDDまたはSSDに満足していないので、新しい大容量SSDにアップグレードするつもりです。システムやアプリを再インストールせず、データやファイルを失うことなく、SSDクローンソフトを使ってSSDクローン・コピーを作成するのは時間と労力を節約できる最善の方法だと思っています。

SSDクローン作成が必要である状況

SSDご紹介

SSD(ソリッドステートドライブ)とは、フラッシュメモリを用いたパソコン用の記憶装置のことである。最適な設定をしないと寿命が短くなってしまうというデメリットがある一方、発熱が少なく動作音が静かで衝撃や振動にも強いメリットもたくさんあるため、多くの人はSSDを使用することが好きです。近い将来、SSDはますます普及していくことになるでしょう。

Windowsを希望するSSDにクリーンインストールするのは、コンピューターでSSDを使できますが、この方法はソフトウェアとかOSとかを再インストールする必要があり、使えるように環境を整えるまでにとても手間と時間がかかります。少なくとも1日はかかるでしょう。そのため、多くの人はSSDクローンコピーを選択します。これもSSDを使えます。それにデータやシステムを再インストールせず、時間が少なくかかるとういう利点があります。一般的に、ユーザーはSSDクローンを作成する状況を要約したら、以下のとおりです。

SSDクローンを必要とする状況

人はいくつかの状況でSSDクローンを必要とします。

HDDから新しいSSDにクローン:一部のユーザーは現在使用しているディスクはHDDで、SSDの優れた性能を得るために古いHDDからSSDに交換、アップグレードしたいです。こういう時、HDDからSSDにクローンするのは最善の方法です。

SSDから大容量SSDにクローン:現在使用しているディスクはSSDですが、長年使用した後、その領域は足りないため、より大きなSSDが必要です。以前のデータを失うことなく、ディスク全体を大容量SSDに移行したいです。こういう時、SSDクローン作成は必要です。

SSDをシステム用にする:OSをより速く稼働させるために、多くのユーザーはOSのみをSSDに移行しようとします。他のファイルやプログラムをまだHDDに保存します。すると、コンピューターでより速い実行速度を得ることができます。こういう時、SSDクローン作成も必要です。

以上の様々な状況からみてSSDクローン作成は確かに必要であることが分かります。でもWindowsに内蔵されているディスクの管理などツールはこのタスクを完成できません。そのため、SSDクローンのためのSSDクローンソフトは重要なこととみなされます。素晴らしいSSDクローンソフトを見つけるのはSSDクローンを正常に作成できる保障です。

SSDクローンフリーソフト一覧

SSDクローンツールになると、最初SSD付属ソフトとサードパーティ製のソフトを思い出します。Samsung Data Migration、NTI Echoのようなデータ移行ツールは付属のフリーソフトです。例えば、Samsung Data Migrationソフトウェアは、Samsung Solid State Drive(SSD)の所有者専用に開発および配布されています。それはSamsung SSD製品用に特別に設計され、無償でSamsung SSDのクローンコピーを作成できますが、Samsungブランドだけに適用するため、制限があります。サードパーティ製のSSDクローンソフトは全てのSSDクローン作成をサポートします。ここでは優れた機能をたくさん備えているAOMEI Backupper StandardおよびAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。これらは全てAOMEI会社によって開発されたSSDクローンフリーソフトで、SSDクローン、コピー作成を正常に行えます。次は、この3つのツールでSSDクローン作成の方法を紹介します。

クローンSSDを作成する方法

付属SSDデータ移行ツールはデメリットがあるけど、一般的に独自ブランドのSSDについてのコピー操作は正常に完成できます。次はSanDisk SSDに付属していたEZ Gig IVソフトウェアを例として付属SSDツールを使う詳細な手順を見てみましょう。

EZ Gig IVクローンソフトウェアを使用する

SSDクローンを作成する前に、いくつかのことを準備する必要があります:SATA-USB変換ケーブル、SanDisk SSD、コンピューター上の古いデータを持つHDD。

  • まず、コンピューターにSanDisk SSDを接続します。ノートパソコンの場合、準備したSATA-USB変換ケーブルで接続してください。デスクトップパソコンの場合、電源ケーブルとSATAケーブル、或いはUSB接続を利用する必要があります。SSDはクローンソフトウェアによって検出されることを確認してください(新しいSanDisk SSDはWindows Explorerに表示されませんがクローンソフトウェアはそれを認識できます)。EZ Gig IVを起動して3つのシンプルな手順でクローンを完成できます。最初はソースディスクを選択します。「次へ」をクリックします。
  • ソースディスクEZ Gig IV
  • 宛先ディスクSSDを選択します。「次へ」をクリックします。
  • 宛先ディスクEZ Gig IV
  • 最後、「クローンの開始」ボタンを押して、プログレスを起動します。
  • クローンの開始

これでSSDクローンの作成が完了しました。SSDブランによって異なる付属ソフトがあり、その対応する使い方はちょっと違います。次は全てのSSDで使用できるSSDクローンフリーソフトを使ってSSDクローンを作成する詳細な手順です。

AOMEI Backupper Standardを使用する

この1つのソフトを使って全てのブランドのSSDの問題を解決できます。準備する必要があることは1番目の方法と同じです。

注意:次はこのSSDクローンフリーソフトを利用して、MBR起動ディスクからMBRディスクにコピー・クローンする手順を紹介します。起動ディスクをGPTからMBRへ、MBRからGPTへまたはGPTからGPTへクローンする場合、無料版をProfessional版やWorkstation版にアップグレードしてください。

  • AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロード、インストールして起動します。ノートパソコンの場合、外部のディスクエンクロージャまたはSATA USB変換アダプターを通してターゲットSSDをコンピューターに接続します。「クローン」をクリックします。そしてSSDに全体ディスクをクローンするために、「ディスククローン」を選択します。
  • ディスククローン
  • ガイドに従って、ソースディスクを選択します。「次へ」をクリックします。
  • ソースディスク
  • SSDを宛先ディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。
  • 宛先ディスク
  • ソースディスクと宛先ディスクを選択した後、操作概要を確認する必要があります。SSDにデータを移行するについて、「SSD 4Kアライメント」チェックボックスをチェックしてください。これはクローン後、SSDの性能を自動的に向上させます。
  • 操作概要

また、自分のニーズによって「パーティションを編集」、「セクター単位のクローン」を選択することもできます。SSDをシステム用にするために、OSだけをSSDにクローンしたい場合、AOMEI Backupper Professional版にアップグレードしてその「システムクローン」機能を使用することができます。

AOMEI Partition Assistant Standardを使用する

AOMEI Partition Assistant StandardはWindows 10/8/7/XP/Vistaで「ディスクのコピー」ウィザード機能を使用してソースディスクからターゲットディスク(SSD)に全てのことを簡単に移動できます。具体的な手順は以下のとおりです。

注意:無料版はデータディスクのクローンまたはMBRからMBRへの起動ディスククローンだけをサポートします。GPTからGPTへ、GPTからMBRへまたはMBRからGPTへ起動ディスクをクローンする場合、アドバンスト版にアップグレードしてください。

  • SSDは上述のような方法でコンピューターと接続します。そしてAOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロード、起動して左側の「全てのツール」⇒「ディスクのコピー」ウィザードをクリックします。ポップアップでこの移行のためのコピー方法を選択します。
  • ディスクのコピー

    •ディスクの高速コピー:この方法はソースディスク(SSD)上の使用済み領域だけをクローンします。クローンプロセスにより少ない時間がかかります。

    •セクタ単位のコピー:これは誤ってフォーマットしてしまったセクターを含むソースディスク(SSD)上の全てのセクターをクローンするため、より多くの時間がかかります。

  • 現在のディスクをソースディスクとして選択します。そして「次へ」をクリックします。
  • ソースディス
  • SSDを宛先ディスクとして選択します。そして「次へ」をクリックします。
  • 宛先ディスク
  • ここではターゲットのSSD上のパーティションを編集するために3つのオプションがあります。それをそのまま保持するか、変更するか、自分のニーズによって決定してください。
  • パーティションを編集
  • 次はターゲットSSDから起動する方法についての説明は表示されます。読んだ後「適用」→「続行」をクリックして操作を実行します。
  • 適用

これでSSDクローンの作成が完了しました。SSDをシステム用にするために、OSだけをSSDにクローンしたい場合、AOMEI Partition Assistant Professional版にアップグレードしてその「OSをSSDに移動」機能を使用することができます。

結論

パソコンの記録媒体であるHDD/SSDは基本的に消耗品であり、ある程度古くなった場合は、新品に交換するのがおすすめです。異音がしたり、読み込み/書き込みエラーが頻発している場合は交換必須です。で、そんな HDD や SSD といった記録媒体を新品 SSDにコピー/クローン作製する際に役立つSSDクローンソフトを見つけるのは重要なことです。上述した2つのサードパーティ製のSSDソフトウェアはクローン、コピー機能の他に、多くの有用な機能を提供します。例えば、AOMEI Backupper Standardはバックアップ、復元などのこともできます。AOMEI Partition Assistant Standardは、リサイズ、フォーマット、削除などパーティションとディスクの管理についての操作をたくさん実行できます。それらを使うと、コンピューターのデータをうまく保護できるし、ディスクをうまく管理できます。