HDDからSSDにクローンするフリーソフト

投稿者:@yuki

2022年3月16日

今、性能高いSSDが主流の内部ストレージとしてパソコンに使われています。お使いのドライブはHDD、または不調になってきたSSDとなると、AOMEI Backupper Standardフリーソフトを利用し、数回クリックだけでHDDからSSDにクローンし、HDDをSSDに換装できます。簡単かつ便利だ~

目次:

HDDからSSDへのクローンについて

SSDとHDDの意味&関係

SSD(ソリッドステートドライブの略)とは、記憶媒体にフラッシュメモリを用いたデバイスのことで、最近の主流として多くのパソコンやスマートフォンに使われている。

HDD(ハードディスクドライブの略)とは、パソコンのデータを保存し、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種であり、従来の主流として多くのパソコンやスマートフォンに使われていた。

関係:SSDとHDDは、内蔵ストレージであるが、それぞれに利点と欠点がある。

SSDとHDD

HDDからSSDにクローンする原因

今、HDDのパフォーマンスに満足しないユーザーが増えていますので、性能高いSSDがだんだん主流の内部ストレージになってきます。HDDからSSDにクローンすることで、OSとアプリケーションを再インストールする時間を節約できます。

では、HDDからSSDにクローンし、SSDを使用するようになる理由を詳しく解説しましょう~

※SSDのメリット:

✓HDDよりはるかに振動・衝撃に強い

✓起動、処理速度、読み書きやランダムアクセスが速い

✓駆動部分がないので省電力、動作音がしないので静か

✓発熱が少ない

✓低温時・高温時の作動も安定、故障に強い

✓アプリケーションのインストール時間の短縮

✓軽い

※HDDのメリット:

✓記憶容量が大きい

✓安価

✓書き換え回数制限がない

勿論、SSDにはデメリットもあります。例えば、単価がHDDより高い、記憶容量がHDDより少ない、故障時のデータ復旧が難しいなど。

SSDとHDDは、それぞれにメリットとデメリットがありますが、SSDをPCに使用したら、パソコンのパフォーマンスを全体的に飛躍的に向上させます。とにかく、HDDからSSDにクローンし、SSDを使用するようになるのは圧倒的にお得ですので、SSDがオススメです。

では、次はHDDからSSDにクローンし、HDDをSSDに換装する方法を説明していきましょう。

フリーソフトを利用してHDDからSSDにクローンする方法

AOMEI Backupper Standardとは、Windowsシステム、大切なデータ、重要なアプリケーションのバックアップ、同期、復元やクローンを実行できる最も操作しやすいバックアップソフトであり、パソコン初心者でも簡単に使える様々なバージョンを提供しています。ここでは、フリーソフトのAOMEI Backupper Standardを利用して、数回クリックでHDDからSSDにクローンする方法を教えます。

手順 1. AOMEI Backupper体験版をお使いのパソコンにダウンロード、インストール、起動します。[クローン]タブの[ディスククローン]をクリックし、ディスクの大体情報が表示されます。

※ヒント:データディスク間またはMBR起動ディスク間でのクローンは無料ですが、起動ディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンする場合、アドバンスト版にアップグレードする必要があります。

クローン

※MEMO:

☛[ディスククローン]:HDDまたはSSDを別の場所にクローンすること。

☛[システムクローン]:HDDまたはSSDなどの場所にシステムのみをクローン、移動すること。AOMEI Partition Assistant Professional版にアップグレードしてから使用可能となる。

☛[パーテイションクローン]:パーテイションまたはボリュームを別の場所にクローンすること。

ここでHDDからSSDにクローンするため、一番目の[ディスククローン]を選択します。

手順 2. ソース画面では、ソースとなるディスク(ここはHDD)を選択し、[次へ]をクリックし、進みます。

ソースとなるディスクを選択

手順 3. ターゲットディスク画面では、クローン先となるSSDを選択し、[次へ]をクリックし、進みます。

クローン先となるSSDを選択

手順 4. この画面では、ターゲットディスクにある既存のパーテイションが削除されるので、その上の大切なデータを事前にバックアップするようお勧めしますという警告が表示され、問題なければ、[はい]をクリックし、次へ進ます。

◎もしHDDに重要なデータがあれば、このフリーソフトのバックアップ機能でHDDをバックアップしてみます。

HDDをバックアップ

手順 5. 操作概要画面が表示されます。三つオプションを利用でき、必要に応じて選択してください。ここで三番目の[SSD 4Kアライメント]を選択し、SSDのパフォーマンスを向上させます。最後、[開始]をクリックし、SSDクローン完了まで待ちます。

◎[セクタ単位のクローン]を選択すると、SSDにHDDを丸ごとクローンすることができます。つまり、使用済み領域も未使用済み領域もSSDにクローンされます。

クローン開始

※MEMO:

SSDが不調になったら、新しいSSDへと換装する方法は以上と一緒です。

結論

HDD/SSDの換装は他の方法で行えますが、失敗し、データを失うリスクが高いです。専門ソフトを利用し、HDDからSSD/HDDにクローン、またはSSDからSSDにクローンするのは簡単かつ便利です。上記のフリーソフトのAOMEI Backupper Standardは有名な専門ソフトの中で3位以内に入るのですから、強烈にオススメします。

このソフトは、上記のクローン機能以外、ブータブルCD・USBを作成、ファイルバックアップ、ファイル同期、増量・差量バックアップ、異なるハードウェアに復元などたくさんの高度な機能も提供しています。PRO版をダウンロードして自由に利用しましょう。

※この記事を読んだ方はこちらもご覧になっています

パフォーマンスを向上させるため、SSDのアライメントを調整|Win7・Win10

Windows10でSSDをフォーマット方法を探している?!

Windows10でCドライブの容量不足を解消!空き容量を増やす!