【解除】Windows10/8/7でHDDアクセスが拒否されました

投稿者@joan

2018年8月29日

Windows10/8/7でいろいろで原因によって「hddにアクセスできません。アクセスが拒否されました」というエラーが出てきましたか?この記事では、データを復元する方法とHDDアクセス拒否を解除する4つの方法を紹介します。

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

ケース:windows10でHDDアクセスが拒否されました

訳も分からなくて先日windows10で「hddにアクセスできません。アクセスが拒否されました」というエラーメッセージが出てきて、正常に動作できなくなりました。このHDDに大切な写真やドキュメンドなどのデータを保存していて、紛失しちゃダメですよ。windows10でのHDDアクセス拒否問題を解消する方法が知りますか?教えていただければ本当にありがとうございます。

アクセスが拒否されました

て、多くのコンピュータユーザーがエラーが出たばかりに、ネットで対処法を検索します。「windows10でhdd アクセスが拒否されました」などで検索すると、すぐに対策っぽい記事がみつかりました。ですが、HDDアクセス拒否になった本当の原因も分かりません。

これじゃダメですよ。原因も分からなくて、どうやってHDDアクセス拒否をうまく解除しますか?でも、心配しなくていいです。これから、Windows10/8/7でHDDアクセスが拒否された原因を紹介します。

Windows10/8/7でHDDアクセスが拒否された原因

Windows10/8/7でHDDアクセスが拒否された原因は以下のようにいくつかあります。

● ウイルス感染

● 不適切な操作

● 間違ったファイルシステム

● 物理的な損傷

● 電源障害

大体以上の5つの原因で、Windows10/8/7でHDDアクセスが拒否されました。つまり、HDDへのアクセス権限がないということです。ともかく、まずHDDのアクセス権を取得しなければなりません。

Windows10/8/7でHDDアクセス拒否の解除方法

Windows10/8/7で「hddにアクセスできません。アクセスが拒否されました」エラーメッセージが出てきた場合、いくつかの状況があります。次は、別々の状況によって、HDDアクセス拒否を解除します。

状況 1. HDDのアクセス権を取得

1. Windowsエクスプローラーで、アクセスが拒否されたHDDを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2. ツールバーで「セキュリティ」を選択して「詳細設定」をクリックします。

詳細設定

3. 「アクセス許可の変更」をクリックします。

アクセス許可の変更

4. 「詳細設定」をクリックしてから、次のポップアップウィンドウで図のようにクリックします。アクセス権のアカウントを追加します。

選択

5. 「OK」をクリックして、すべての操作を完了します。

状況 2. 「パラメーターが間違っています」を修正

HDDにアクセスすると「*:\にアクセスできません、パラメーターが間違っています」というエラーメッセージが出てくる可能性があり、エラーHDDアクセス拒否になります。だから、次は、「パラメーターが間違っています」エラーを修正して行こう。

パラメーターが間違っています

こんな状況で、 コマンドプロンプトで「chkdsk」を実行する必要があります。では、「chkdsk」を実行する詳細な手順は以下を見てください

1. デスクトップで「スタート」をクリックして、「cmd」と入力して、「cmd」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. 「 chkdsk F: /f 」と入力して「Enter」を押します。

【補足】:Fはアクセス拒否HDDのドライブ文字です。ほかのドライブ文字へ変更してもいいです。

CHKDSK

お使いコンピュータを再起動して、HDDアクセス拒否を解除かどうかを確認します。

状況 3. 間違ったファイルシステムを変換

1. HDDのファイルシステムがWindowsで認識されないこともHDDアクセス拒否された原因となります。フォーマットすることがHDDアクセス拒否を解除できますけれども、HDD中のすべてのデータは、なくなります。

が、心配する必要がないです。ここでは、データを復元する方法を説明します。

フォーマットする前にデータを復元

ここでは、最強のデータ復元ソフト--AOMEI Partition Assistantを勧めします。まず、無料ダウンロードしてインストールします。

1. メーンインタフィスで「パーティションの復元」をクリックします。

パーティションの復元

2. アクセスが拒否されたHDDを右クリックして、「次へ」をクリックします。

アクセスが拒否されたHDDを選択

3. 「高速検索」をクリックします。

高速検索

4. 「適用」をクリックしから「続行」をクリックして、データ復元を実行します。

データを復元した後、データを失わずにHDDのファイルシステムを変更できます。万が一、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」エラーを発生するとき、解決することができます。次は、ファイルシステムの変換手順を説明します。

1. また、AOMEI Partition Assistantを起動し、メインインターフェイスで「NTFS to FAT32変換器」を押します。

NTFS to FAT32変換器

2. 自分の場合によって「NTFSからFAT32へ」または「FAT32からNTFSへ」を選択し、「次へ」を選択して次に進みます。

FAT32とNTFS

3. 変換したい(アクセス拒否された)HDDを選択します。

HDDを選択

4. 「それを変換する前に、パーティションをチェックして、修復します。」をチェック入れ、「続行」をクリックします。

操作を確認

そうすると、間違ったファイルシステムを変換して、HDDアクセス拒否を解除します。

状況 4. 非表示したパーティションを再表示

Windows10(8/7)で「HDDアクセスが拒否されました」エラーメッセージが出てきた場合は、パーティションが表示されないことを意味するかもしれません。だから、HDDアクセス権を取得するには、パーティションを再表示しなければなりません。ここでは、2つの方法を紹介します。

「ディスクの管理」でパーティションを再表示

1. このPC(またはコンピュータ)を右クリックして、「管理」を選択して「ディスクの管理」を開きます。

2. 隠したパーティションを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

3. 「追加」をクリックして、パーティションを再表示します。

AOMEI Partition Assistantを使用してパーティションを再表示

「ディスクの管理」でパーティションを再表示することはいい方法だけど、ちょっとだけ操作が間違ったら、元に戻ることはできません。だから、また、安全且つ簡単なAOMEI Partition Assistantをお勧めします。

1. AOMEI Partition Assistantを再起動して、アクセス拒否されたパーティションを右クリックして、「詳細処理」の「非表示したパーティションを再表示」をクリックします。

非表示したパーティションを再表示

2. ウィザードに従って、隠したパーティションを再表示します。

まとめ

Windows 10(8/7)でHDDアクセス拒否を解除する方法は上記のように書いています。4つの方法の中に、大体AOMEI Partition Assistantを利用する場合が多いです。

AOMEI Partition Assistantは上記のように書いた機能があるだけでなく、またUSBメモリの書き込み禁止を解除し、Boot Campパーティションのサイズを変更することもできます。

更にAOMEI Partition Assistantを高級版のAOMEI Partition Assistant professional版へアップグレードできます。アップグレードした後、HDDからSSDへOSだけを移行すること、ディスク容量無制限のダイナミックディスクへ変換することだけでなく、ほかの多くの機能も含まれっています。

興味があれば、ダウンロードしてみてください。