修正:Windowsはフォーマットを完了できませんでした

投稿者@joan

2018年6月27日

Windowsは、USBメモリまたはSDカードをフォーマットしているとき、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーメッセージが出てきましたか。この記事では、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーの考えられる原因と修正方法について説明します。

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

ケース

私はKingston USBが持っています。一年間に、ずっと正常的に重要なファイルや映像などを保存してくれます。しかし、昨日、コンピュータに差し込むと、突然にアクセスできません。どうにも操作がなりません。仕方ないので、思いつくフォーマットすることにしました。ところが、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーメッセージが表示されて、本当に困っています。解決方法が知っていますか。教えていただければありがたいです。

Windowsはフォーマットを完了できませんでした

確かに、いろいろの原因でエクスプローラーからディスクを開くと、Windowsは「ドライブ N を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とポップアップします。ここで無視すると、「ドライブ文字:¥にアクセスできません。このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」と表示されます。しかし、フォーマットすると、すぐに「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」と表示されます。

フォーマットは、問題が発生する時、修正手段として用いられることが多いです。もちろん、代わりにフォーマット中、データを失うことになります。フォーマットするということは、ファイルシステムをリセットするということなので、論理障害であれば、たいていの場合は復旧できます。では、これから、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」の考えられる原因と解決方法を紹介します。

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」の考えられる原因

解決方法を紹介する前に、まず、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」というエラーの発生原因を紹介します。だいたい、以下の5つの原因と考えられます。

● ドライブはウイルスに感染しました。

USBメモリまたはSDカードがユーザーによって様々なコンピュータに連続することがあるため、ほかのドライブからウイルスをもたらす可能性があります。

● ドライブが物理的に損傷しています。

物理障害はストレージデバイスにアクセスできない重要な原因となります。しかし、修復出来るかどうかが分からないからプロな修理店に頼む必要がありません。USBメモリは安いから、新しいのを買いましょう。

● ドライブは書き込み禁止になっています。

USBメモリまたはSDカードが書き込み禁止になっているのは、フォーマットを完了できないことになる原因となります。このディスクに何かをコピーすれば、書き込み禁止になっているかどうかがすぐ分かります。もし、「ディスクは書き込み禁止になっています。書き込み禁止を解除するか、別のディスクを使ってください。」と表示したら、ディスクは書き込み禁止になっていると分かります。

● ドライブに不良セクタがあります。

不良セクタとはハードディスクまたはフラッシュメモリなどの記憶媒体において、何らかの障害によって利用できなくなったセクタのことです。不良セクターは、フォーマット操作とデータ回復操作に影響を与えます。不良セクタがあれば、プロなソフトを使用して修正しほうがいいと思います。

● ドライブが空です。

フォーマットは未割り当て領域ではなくパーティションに基づいているため、「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」の原因となります。もし、ドライブにパーティションがなければ、フォーマット失敗は当然だろう。パーティションを作成する詳細な情報は、こちらをクリックします。

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」の修正方法

※ヒント:フォーマット操作ですべてのデータがなくなるから、修正手順を始める前に、USBメモリまたはSDガード上にのデータをバックアップすればいいと思います。

方法 1. Diskpartを使用

Diskpartはディスク管理ツールスナップインのWindowsです。Diskpartを使用してフォーマットできます。

1. スタートメニューをクリックして検索ボックスで「CMD」を入力します。で

2. 「diskpart」を入力します。それから、コマンドは次のように一つずつ入力します。毎回入力するたびにEnterを押します。

• list disk

• select disk n(nはフォーマットしたいディスクの番号を示します。)

• Clean

• Create partition primary

• Format FS=FAT32

• Assign letter X: (X:はUSBドライブのドライブ文字を示します。自分のニーズによってそれを変更できます。)

Diskpartフォーマット

以上の示しように、Diskpartを使用してフォーマットできますけど、コマンドが多すぎて、注意しなければ、問題は発生する可能性があります。この方法を行わたくない場合は、以下を見てください。

方法 2. ディスクの管理を使用

USBメモリまたはSDカードをフォーマットすることは、内蔵ディスクの管理ツールでもできます。詳しくは以下を見てください。

1. 「コンピュータ」を右クリックして、「管理」を選択して実行します。

2. 記憶域下の「ディスクの管理」を開きます。

3. フォーマットしたいパーティション(或いはボリューム)を右クリックして、「フォーマット」を選択します。

フォーマット

数回のクリックをして、USBメモリをフォーマットできました。もし、この方法は不安全だと思うなら、ここでは、プロなパーティションフォーマットソフト--AOMEI Partition Assistantをお勧めします。

方法 3. 無料のAOMEI Partition Assistantを使用

AOMEI Partition Assistantはハードディスクのパーティションを安全に管理する最高のソフトです。パーティションを削除、作成、分割、移行、ファイルシステムの変換、起動可能なメディアの作成などの様々な機能を提供します。またWindows 10、8.1、8、7、VistaやXPなどもサポートします。

では、これからフリーソフトAOMEI Partition Assistantを使用して、不良セクターをチェックしてからUSBメモリをフォーマットする方法を説明します。

1. まず、このフリーソフトAOMEI Partition Assistantを無料ダウンロードし、インストールして起動します。

2. メインインターフェイスで、ドライブを右クリックして、「詳細処理」下の「パーティションチェック」を選択します。

エラーチェック

3. ポップアップウィンドウで「chkds.exeを使用して、パーティションをチェックして、エラーを修復する」を選択して「はい」をクリックします。操作が成功に完了する前に少々お待ちください。

パーティションチェック

4. 不良セクターをチェックし、修正したから、USBドライブを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

パーティションフォーマット

5. 好きなファイルシステムを選択して「はい」をクリックします。

フォーマット設定

6. 「適用」をクリックしてから「続行」をクリックします。

適用

この方法は最も安全にUSBメモリをフォーマットできます。それに、USBメモリ中の不良セクターもチェックし、修正できます。一般的なユーザーにとって、これは最高な方法です。私も、このUSBメモリフォーマット方法を強くお勧めします。

まとめ

以上の方法は、どれでもUSBメモリをフォーマットできます。しかし、Diskpartとディスク管理を使用すると、多くの問題が発生する可能性があります。AOMEI Partition Assistantは以上の2つの方法より、安全性や機能性がより良いと思います。だから、AOMEI Partition Assistantを使用する方法をお勧めます。

※関連記事

ダイナミックディスク/ベーシックディスクへ変換する5つの方法

(Windows 10/8/7)USBメモリの書き込み禁止を解除する4つの方法

(Windows 10/8/7)無料でパーティションを作成する4つの方法