フリーソフトでシステムクローン|OS移行・SSD換装のため

投稿者 @AOMEI

2020年5月7日

Windowsでシステムクローンを実行したいですか?OS移行、SSD換装やHDDクローンなどのことに困っていますか?ご心配しないで、この記事ではシステムクローンを実行できるフリーソフトを紹介していきます。

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

システムクローンの概要

システムクローンとは

システムクローンとは、Windowsのシステム情報やブート情報を新しいディスクにクローンすることです。つまり、システム移行(OS移行)ということです。

システムクローン・理由

より速いスピードとよりよいパフォーマンスのために新しいドライブ(HDD・SSD)を換装する、または別のパソコンで自分のオペレーティングシステムを使用する場合、システムOSを移行する必要があります。システムクローンはシステム(OS)を移行する為の最も便利な方法ですので、次はWindows・システムクローンの方法を詳しく解説していきます。

システムクローンを実行・専門ソフト

AOMEI Backupperはシステム、ディスクやパーティションをバックアップ、復元、クローンする為の専門ソフトである。Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、VistaおよびXPをサポートします。つまり、殆どのバージョンのWindowsに適用されます。では次、HDD上のシステムクローンを実行しましょう~

AOMEI Backupper PRO版の[システムクローン]でシステムクローンを行う

ステップ 1. この専門ソフトをお使いのパソコンにダウンロード、インストール、起動します。表示されたメインインターフェースにある[クローン]タブをクリック、二番目の[システムクローン]をクリックします。

システムクローン

ステップ 2. システムクローン機能ですので、システムは自動的にクローン対象として選択されます。ここで宛先のHDD・SSD(システムドライブ以外、ここはCドライブ)を必要に応じてクリックして選び、[次へ]をクリックします。

クローン対象

NOTE:選ばれた宛先ディスクにパーティションがあるのなら、以下の警告が表示されます。そのパーティション上に大切なデータが保管されていると、あらかじバックアップしてから、上記の操作を実行することをお勧めします。バックアップしたいデータがなければ、[はい]をクリックし、次へ進みます。

警告

ステップ 3. 操作概要が表示されます。ここで三つの設定を編集できます:

操作概要

■ [パーティションのサイズを編集]:この機能を利用すると、パーティションのサイズとドライブ文字を変更できます。

パーティションのサイズを編集

■ [セクター単位のクローン]:この機能を利用すると、システムパーティションのセクタを全体クローンし、ちょっと時間がかかります。宛先ディスクのサイズは少なくともソースディスクと同じであることにご注意ください。

セクター単位のクローン

■ [SSDを最適化するにはパーティションを合わせる]:宛先ディスクはSSDである場合、この機能を利用すると、SSDのパフォーマンスを最適化できます。

SSDを最適化するにはパーティションを合わせる

ステップ 4. 上記の設定を必要に応じて編集後、[開始]をクリックしてHDD・システムクローンを実行します。

開始

ここまで、HDD上のシステムクローンを完了してしまったのです。数回クリックだけでできたので、本当に簡単でしょう!が、ただ一回利用でこのPRO版をお金で購入するのがちょっと惜しいと思うのなら、このソフトの無料版を体験してみよう。無料版のHDDクローン機能を使用してそのディスクを丸ごとクローンすることもいい選択だと思われます。

まとめ・システムクローン

この記事では、WindowsでHDD上のシステムをクローンする方法を解説しました。システムクローンによって、データ損失なしでシステムOSを別のHDD・SSDへ移行、SSDを換装することができます。システムクローンの他に、システムバックアップなどシステムを移動する用の機能もサポートされます。2700万のお客様からご愛用いただき、最もいいバックアップフリーソフトですので、ぜひ試してみよう~

※人気記事

EFIシステムパーティション(ESP)を削除方法は?!ここで教える

HDDからSSDにクローン・フリーソフト

HOW!Win10・Legacy BIOSモードをUEFI モードに切り替える